印刷メディアの拡大と躍進をサポートする
  • Jul112017

    らくらく安全ファイル転送 SWIFT POST ですべてを解決!

    h_logo_swift-post

    インターネット経由でのデータ送信・授受・保管が定着した現在、ふと考えると大切なデータのセキュリティが守られているのか不安になりませんか?

    メール添付や手持ちでの持ち運び、FTPサーバーによる重要データの授受等、日々の運用で皆さんこんなお困りごとをお持ちです。

     

    ・セキュリティ的に大丈夫!?

    ・送ったファイルが届いたかわからない。

    ・コンプライアンス守れているかな?

    ・データ授受の運用が面倒で仕方ない。

     

    これらの悩みを解決する最適なツールが「SWIFT POST」。

    ネット経由でのファイル転送に特化したオンプレミス型ファイル転送システムです。

    「SWIFT POST」はどのようなものか、以下にご紹介致します。

    v_img_main_on

    ■システムの特徴

    ①容量制限を気にしない

    ASPの転送サービスでは転送・蓄積するデータサイズに対して費用が発生します。SwiftPOSTはサーバーの公開領域一杯までご利用いただけ、データの転送容量等の制限はありません。容量不足に悩む心配はもうありません。

    ②ユーザー管理も楽々

    SwiftPOSTではユーザーとグループを簡単に設定するだけ。 グループ機能を活用する事で、内外のスタッフでファイルをやり取りするようなワークフローにも役立てま す。また、時限設定により不必要なファイルは消去されディスクスぺースも圧迫しません。

    ③受け取りフォルダ機能

    SwiftPOSTは相手にファイルを送るだけでなく受け取る事も可能です。 例えば、お客様に送信したファイルを変更後に返送していただく場合でも、SwiftPOSTで受け取りフォルダを設定する事により、安全・確実にファイルをアップロードしていただけます。 更に、ファイルがアップロードされると、メールでお知らせ致します。

     

    ■このような方におすすめ

    ①インターネット経由でセキュアにファイルの出し入れをしたい

    ②メールで添付できないファイルを受け渡ししたい

    ③これらのことを自社で構築したいがコストをなるべく抑えたい

    ・環境に依存しないファイルアクセス

     WebDAV準拠であるためWebDAVに対応した様々なOSの様々なソフトから接続出来ます。

     さらにWebインターフェイスを標準搭載しており、Webブラウザからアクセスが可能です。

    ・シンプルな管理インターフェース

     管理はWebブラウザから行います。

     SwiftPOSTでは「ユーザフォルダ」と「グループフォルダ」 の2種類のアクセスタイプを限定

     することデシンプルな管理を実現しています。

    ・オペレーションシステムのユーザライセンス数を気にしないで使用したい

     StandardEditionでは100ユーザライセンスまで使用出来ます。

     (100ユーザ以上はEnterpriseEditionが必要になります)

    ・保存容量は用意したディスク容量Maxまで(容量ごとに料金はかかりません)

     SwiftPOSTはサーバーのディスク領域を公開する為、ASPサービスの様にファイル転送サイズに

     よって課金されるような事は有りません。

     大きなファイルを日々転送するような業務には最適なシステムです。

     

    ■システム構成例

    m_img_environment_swift-post

     

    より詳細な内容、価格等のお問い合わせは弊社担当営業またはこちらまで。

     

    ■ご参考URL

    http://swiftpost.stec.ne.jp/

     

     

お問い合わせ